now loading...

資料
請求
にちにち
りゅうこく

にちにちりゅうこく生かされて生きる

SAPPORO
RYUKOKU
OFFICIAL BLOG

サンタクロースの起源

2020.12.24 日常 0

12月24日。

  

なんだかウキウキしますね。

  

ですが、決して忘れてはならない出来事が。

  

ある年の12月24日の深夜、ヨーロッパの小さな村での出来事。

幸せな一家四人が何者かに惨殺されるという悲劇が起こりました。まだ小さな子供のいるつつましいながらも毎日笑いの絶えない、村でも評判の明るい家族でした。

  

犯行後の家の中は血だらけで目も当てられない惨状だったといいます。天井まで血が飛んでいて、遺体は人間の形をとどめておらず、同じ人間の行為とはとても信じられないほど凄惨なありさまだったとか。

  

犯人は真っ赤な服を着た男。村民からの聞き込みでトナカイのそりに乗った赤い服を着た男の目撃証言も得られました。

 

調べにより、侵入経路は煙突であると判明。争った形跡も、金品のなくなった形跡も一切なく動機は不明。一説には不倫関係のもつれ、とも。

  

犯人の男は白い付けヒゲを身につけ、その中に凶器となったナイフや拳銃を隠し持っていました。

  

逃走時真っ赤な服を身につけてはいましたが、本来は白い服だったようで、一家四人を惨殺した際の返り血で赤く染まったもの、と伝えられています。

  

12月24日の晩に起こった痛ましく悲しい事件。

この悲しい事件を人々が決して忘れることのないように、との願いを込めて始まり今も続いているのが、あの「サンタクロース」なのです。

 

あまりにも凄惨な事件であったため、プレゼントをくれる人物として今では語られるようになりましたが、その事件のあった村では「血濡れのサンタ」の名で恐怖とともに今も語り継がれています。

 

  

  

 

  

  

うそです。

  

では今日の様子です。

さきは今日がお誕生日ですって。

おめでとー

  

っつーことで

がんばー

 

Comment

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *