home > 学校紹介 > 校長挨拶・教頭挨拶・教員紹介

学校紹介
校長挨拶

とことん親身に、生徒の心に火をつける。

 札幌龍谷の教育の基本は、生徒一人ひとりが可能性を開花させ、よりよい人生を歩む手助けをすることです。「いじめのない学校」づくりも、とことん親身な教師陣の姿勢も、 この教育実践の一つでした。いま、未来社会に必要な力は何か教職員一同考え、新たな挑戦を決意しました。プログラミング技能の習得、英語四技能を磨く授業、主体的で対話的な深い学びを追求します。 タブレット端末およびClassi※導入により個々の力を伸ばします。一人ひとりの可能性に期待して、新たな時代を生き抜く人材を育てます。
校長
※「Classi」とは、ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社Classi株式会社が提供する、「学校の授業・生徒指導」「生徒の学習」のための先生・生徒・保護者がつながるICTプラットフォームです。

教頭挨拶

教頭

札幌龍谷学園高校には、多彩な個性をもった生徒が集まってきます。そして、それぞれの生徒が持ち前の輝きを放っています。素晴らしいことですが、さらに本校ではその多彩な個性に加え、校訓「和顔愛語」が示す豊かな情操を育成し、人として真に輝ける生徒を育てたいと願っています。心の教育を基本とし、「自己実現」に立ち向かう生徒を力強くサポートする札幌龍谷学園高校に、
ますます多くの生徒が集い限りない成長を遂げてくれることを期待しています。

教頭

教師としての喜びも苦悩も、生徒と向き合う時間の中にこそある―――その思いを貫きたくて、授業・部活動(放送局)を持たせていただいてます。本校は今、時代の変化に対応し大きな変革を試みようとしています。しかし、どのような時代が来たとしても「ひとりひとりを大切にする」という基本は変わりません。これは、私たちのポリシーです。生徒にのぞむことは、プライドを持って札幌龍谷を卒業してほしいということ。そのために、私たち教員は全力を尽くします。

教員紹介

国語科
米田 準先生

日々の小さな努力の積み重ねが、自分の実力となります。人より多く働くことをいとわず、それを楽しみながら、ともに学んでいきましょう。

数学科
天神 裕斗先生

数学の問題では、答えは一つでも解き方はいくつもあります。普段の生活でも、視点を変えてみると新たな発見をすることがあります。授業を通して幅広い考え方を身に付けていきましょう。

数学科
平岩 瞳先生

できた!わかった!という喜びは、挑戦への原動力になります。受験勉強は「大変」である以上に、喜びや発見、楽しみをもたらしてくれますよ。


英語科
浅川 貴廣先生

本校の一番の魅力は、生徒と教員全員が温かい気持ちで人間関係を築いていることだと思います。いじめ防止週間には生徒自身の力で積極的に取り組み、学園祭や体育大会等では他のクラスも懸命に応援する姿を見て、本当に感動させられます。札幌龍谷の生徒達は、私に「他を思いやる」ということの大切さを教えてくれます。

英語科
岩村 幸恵先生

総合コースでは、社会人として通用する人を育てるために「基礎学力」「自分の将来ビジョン」「具体的な目標を達成していく」ことを大切にしています。色々な取り組みを通じて、一人ひとりが自分らしく社会で輝ける土台を築きます。

歴史・公民科
櫻田 典子先生

全国制覇を目指して部活動を真剣に頑張る、学園祭などの学校行事に燃える。龍谷での高校生活は、誰にでも輝ける場所がありますよ。


理科
中嶋 優仁先生

人生は短いから、少しくらい頑張ってもいい!自分の可能性を信じて挑戦しましょう!勉強も部活でも頑張る、アクティブでパワフルな仲間との出会いが待っていますよ。

家庭・福祉科
漆山 幸代先生

福祉コースでは、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格取得が可能です。また、福祉に関する情報処理や知識など、幅広く学ぶことができます。福祉系の上級学校への進学、福祉系への就職、どちらも可能です。

芸術科
宮脇 玄徳先生

部活動や課外活動で高い目標を持つ仲間が多く、お互いがお互いの活躍や頑張りを認め合い、自分に厳しく努力していこうとするムードがあります。学年を追うごとに協力しあう、効率よく進める、やるときはやるというけじめがつけられるようになっていきます。


情報科
横尾 圭二先生

自動車は遠くへ行く時、物を運ぶ時に非常に"便利"な乗り物です。パソコンやスマートフォンも人と連絡をとる時、調べ物をする時"便利"な道具です。しかし、2つにはある共通点が…。その共通点を一緒に学んでいこう!